Kenzo Spring 2012 Collection


Multi-colored d’orsay

Electric blue satin sandal with bow

White open-toe bootie with black tassel

The House of Kenzo was founded by Takada Kenzo who is from Himeji, Japan. Kenzo’s love of fashion began after perusing thru his sisters’ collection of fashion magazines. As a young adult Takada enrolled in the University of Kobe but then after feeling bored enrolled in Bunka Fashion College in Tokyo. Kenzo was one of the university’s first male students and after completing his studies moved to Paris. During his time in Paris he was able to make industry contacts and launched his first store Jungle Jap in 1970. Takada’s design signature emerged because he was forced due to a lack of funds to combine all of the bold prints that he purchased from a flea market into one garment. Industry recognition began to come in the form of one of his models appearing on the cover of Elle magazine and winning the Fashion Editor Club of Japan award. In 1993 the label was sold to LVMH and Mr. Kenzo retired in 1999.

憲三の家は、姫路、日本からは高田賢三によって設立されました。憲三の愛のファッション ファッション雑誌の彼の姉妹のコレクションを介してを楽しんだ後を始めた。神戸の大学が、退屈を感じて後、若い大人高田を登録と文化服装学院東京で登録。憲三とパリに移動の彼の研究を完了した後、大学の最初の男子学生のだった。パリでの彼の時間の間に彼は業界の連絡先を確認することができたし、彼の最初の店 ジャングル日系人 1970 年に開始しました。高田のデザインの署名は、資金の不足のために彼は 1 つの衣服にフリー マーケットから購入した大胆なプリントのすべてを結合する彼が余儀なくされたために浮上しました。業界の認識は、エル誌の表紙に表示されるとのファッション ・ エディター クラブ賞を受賞、彼のモデルの 1 つの形で来るようになった。1993 年に、ラベル lvmh 社に売却され、憲三さん 1999 年に引退しました。

Images from trendfortrend

Share your thoughts........